印刷関連サプライヤー ネット早見ばん

MAINMENU

・一覧表示


・社名検索



・キーワード検索


AND  OR

・50音順検索





印刷業界関連ニュース(印刷出版研究所NEWS FLASHより)

光文堂、「第57回新春機材展 Print Doors 2021」を3月に延期 光文堂は新型コロナウイルスの感染拡大の状況に鑑み、1月26日・27日に開催を予定していた「第57回新春機材展 Print Doors 2021」を2021年3月10日(水)・11日(木)に延期すると発表した。会場はポートメッセなごや3号館で変わらず。(1/20 14:47)

12月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比9.4%減 日本製紙連合会の需給速報によると、2020年12月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比9.4%減、17ヵ月連続の減少となった。塗工紙11.2%減、非塗工紙8.3%減、情報用紙5.9%減。紙・板紙の出荷量計は前年同月比3.2%減、17ヵ月連続の減少。うち、紙は6.2%減、板紙は増減なし。包装用紙は13.5%減、21ヵ月連続の減少。段ボール原紙は1.1%増、15ヵ月ぶりの増加。 (1/20 14:30)

東京ビジネスデザインアワード、テーマ賞に千葉印刷(渋谷区)など3社 2020年度東京ビジネスデザインアワードで、企業とデザイナーがマッチングした「テーマ賞」7件が発表された。印刷技術関連では、一九堂印刷所(中央区)、千葉印刷(渋谷区)、日本ラベル(板橋区)の3社が受賞した。デザイン提案の内容は、一九堂印刷所が「環境にやさしい素材を使った気持ちを贈る種まきカレンダー」、千葉印刷が「オンデマンド印刷の新しいカタチ―視覚と触覚で楽しむプロダクト」、日本ラベルが「特殊ラベル印刷技術を用いた新しい遊び体験の提案」。2月9日に最優秀賞、優秀賞を決める提案最終審査に臨む。(1/18 8:24)

モリサワ、写研とOpenTypeフォントの共同開発で合意 モリサワ(森澤彰彦社長、本社・大阪市浪速区)は1月18日、写研(笠原義隆社長、本社・東京都豊島区)の保有する書体を、両社共同でOpenTypeフォントとして開発することに合意したことを明らかにした。写研の書体は、幅広いバリエーションと洗練されたデザインが特徴で、専用のシステムを通じて多くの媒体で利用されている。このたびOpenTypeフォント開発を通じ、より幅広い用途で利用できるよう両社で取り組む。フォントは2024年から順次リリースする予定。2024年は、モリサワの創業者、森澤信夫氏と写研の創業者、石井茂吉氏が、写真の原理で文字を現して組む邦文写真植字機の特許を、1924年に共同で申請して100周年の節目にあたる。(1/18 14:18)

モリサワ「UDデジタル教科書体」、三省堂の中学生向け国語・漢和辞典に採用 モリサワ(森澤彰彦社長)の「UDデジタル教科書体」が、三省堂が発売する最新改訂版の中学生向け国語辞典「例解新国語辞典 第十版」、中学生向け漢和辞典「例解新漢和辞典 第五版」に採用された。発売は1月15日。今回、2021年4月から新学習指導要領下で新しい中学校教科書が使用開始されるのに伴い、中学生向け辞典についても最新の語句・語義を収録し、紙面リニューアルを実施。「UDデジタル教科書体」は単語の見出しなどに使われている。三省堂では、2019年発売の小学生向け国語辞典・漢字辞典にも「UDデジタル教科書体」を採用している。(1/12 14:32)

page2021リアル展示を中止 公益社団法人日本印刷技術協会は1月8日、緊急事態宣言を受け、2月3・4・5日に予定していたpage2021のリアル展示会の中止とオンラインへの移行をホームページ上で発表した。当初より開催予定だったオンライン展示会は2月8日〜28日まで予定通り開催される。また、リアル展示会で開催予定だった基調講演や各種セミナー、カンファレンスもオンライン配信される(1/8 13:10)

モリサワ、新春展「MORISAWA FAIR 2021 オンライン」1月19日と20日開催  モリサワは2021年1月19日と20日の2日間、新春展「MORISAWA FAIR 2021 オンライン」でオンラインセミナーを開く。コロナ禍で迎える新たな年、同フェアではニューノーマル時代におけるビジネスモデル・働き方・職場環境の変化の中で、仕事に役立つ各種セミナーを行う。参加費は無料。形式はWebセミナー(Zoom)。申込みは同社Webサイトから。(12/25 15:07)

東印工組、「令和3年 新春の集い」の開催を中止 東京都印刷工業組合(滝澤光正理事長)は、1月12日に予定していた「令和3年 新春の集い」の開催を中止する。全国で新型コロナウイルス感染が急激に拡大する状況の中、政府から「静かな年末年始(忘年会・新年会の自粛等を求める要請)、さらに東京都からも「年末年始コロナ特別警報」が発表されたことを受け、開催の是非について検討し、中止を決定した。(12/24 9:40)

11月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比15.3%減 日本製紙連合会の需給速報によると、11月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比15.3%減、16ヵ月連続の減少となった。塗工紙16.5%減、非塗工紙13.2%減、情報用紙14.5%減。紙・板紙の出荷量計は前年同月比8.2%減。うち、紙は11.8%減、板紙は4.3%減。主要品種は衛生用紙を除き減少した。 (12/22 15:02)

モリサワ、自治体と協働で全国初、UDフォントによる業務改善を検証 モリサワ(森澤彰彦社長)は、三重県いなべ市、茨城県行方市、埼玉県三芳町と協働で、20〜60歳代男女294人を対象に、ユニバーサルデザイン(UD)フォントの有益性の検証を行った。その結果、一般的に使われているOS標準フォントを使った時と比べて、モリサワのUDフォントを使った時の方が、全世代での「誤読の回避」、40歳代以上で「読みの速度向上」に効果があることが判明。検証結果に基づき、「読みの速度向上」によって企業(従業員1500人、うち40歳代以上990人、年間労働時間2040時間、1日の労働時間のうち20%が文章を読んでいる時間と想定)が削減できるコストを算出したところ、 年間3320万円、1万3330時間分の労働時間の削減につながることが分かった。(12/15 15:48)


・「新しいビジネスについて相談したい」
・「機械メンテナンスで困った」
・「あの資材はどこが扱っているの?」

 価値ある印刷物を世に送り出す印刷会社にとって、印刷・加工機や周辺諸機材の情報は欠かすことができません。
 しかし、今後の投資戦略を検討するにも、突然のトラブルやメンテナンスついて相談するにも、どのようなメーカー・ベンダーがどのような製品を提供しているかを知らず、また“相談する相手がいない”という状況に陥ってはいませんか?
 本サイトでは印刷関連会社様をはじめ、デザイナーや一般企業など印刷業界のサプライヤーをお探しの方々に最適な情報をお届けしております。

 まずは左のメニューからお探しの企業・製品を検索してみてください。
 きっとあなたに合う情報と出合えるはずです。





更新情報


2012/7/17
掲載情報を更新しました

2012/7/2
サーバーメンテナンスを行いました

2011/11/16
キーワード検索機能を強化

 サイトの利便性向上のためキーワード検索機能を強化し、各社の製品・サービスに関連するワードから検索できる企業数を大幅に増やしました。


2011/10/14
印刷関連業者ネット早見ばん(β版)公開!!

 印刷業界のサプライヤー情報が集まる専門ポータルサイトのβ版を公開しました。正式なサービス開始日は12/20を予定しています。今後もコンテンツの改善を進め、充実した情報量と高い利便性を目指します。ご期待ください。


本サイトに関するお問合せは下記にご連絡ください。

サイト運営:
活刷出版研究所
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
TEL 03-5155-7925
E-mail ppi@print-info.co.jp
URL: http://www.print-info.co.jp

Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.