印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
ハイデルベルグ、MBOグループを買収 ハイデルベルグは12日、国際的に事業展開するMBOグループ(本社=ドイツ・オッペンヴァイラー)の買収を発表した。これにより、デジタル印刷製品に対応するポストプレス分野の提案を拡張。とりわけ、成長を続ける医薬品市場と、特定個人向けメーリングシステムのソリューション強化を図る。買収は2018年末までに完了する予定。(10/14 12:18)

モリサワ「MORISAWA BIZ+」が2018年度グッドデザイン賞受賞 モリサワのビジネス文書作成向けUDフォントソリューション「MORISAWA BIZ+(モリサワ ビズプラス)」が、2018年度グッドデザイン賞を受賞した。「MORISAWA BIZ+」は、ビジネスシーンのあらゆるドキュメントやコンテンツの作成に、ユニバーサルデザイン(UD)フォントの利用を提案する新しいサービス。今回の受賞では、企業や自治体など多くのユーザーにより品質の高い書類作成を促す画期的なサービスである点や、サービスの普及によって、日本全体の情報伝達の品質向上が期待できる点が評価された。(10/4 12:38)

【訃報】林初彦氏(太洋社会長) 元岐阜県印刷工業組合理事長で株式会社太洋社(岐阜県本巣郡)代表取締役会長の林初彦氏は、9月30日に死去した。享年81歳。通夜・告別式は10月2日・3日、岐阜市のセレモニーホール野々村で執り行われた。(10/3 13:18)

モリサワ、「UDデジタル教科書体」が第12回キッズデザイン賞特別賞 モリサワの「UDデジタル教科書体 和文・欧文・学習記号」が、特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会が主催する第12回キッズデザイン賞で特別賞(審査委員長特別賞)を受賞した。受賞したのは、デジタル教科書をはじめ、ICT教育の現場に効果的なユニバーサルデザイン(UD)書体。ICT教育において、情報の入り口であるフォントがUD化されている点や、Windows 10に標準採用されたことで広く教育現場でも使用されるなど、その効果が大きいことが評価された。(9/25 13:38)

GP認定工場に新規6工場 日本印刷産業連合会は、第51回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規6工場と更新44工場を認定した。現在活動中のGP認定工場は全390工場となった。今回の新規認定は次のとおり。太陽堂印刷所 第二工場(千葉市緑区)、エイト印刷 常盤台工場(東京都板橋区)、アド印刷 本社(福岡市博多区)、アド印刷 大刀洗工場(福岡県三井郡)、アド印刷 福岡工場(福岡市博多区)、ニッコーグラビア印刷 本社・工場(大阪府東大阪市)。(9/25 7:36)

アドビ、マルケトの買収を発表 米国のアドビは現地時間9月20日、B2B向けマーケティングのクラウドプラットフォームを手がけるマルケトを買収することで合意したと発表した。買収額は約47億5000万米ドル。アドビの「Adobe Experience Cloud」にマルケトのプラットフォームを追加することで、デジタルマーケティングソリューションを強化する。買収はアドビの2018会計年度第4四半期中(9月〜11月)に完了する見込み。(9/21 17:18)

8月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比4.1%減 日本製紙連合会の発表によると、8月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比4.1%減、15ヵ月連続の減少となった。塗工紙7.5%減、非塗工紙1.1%減、情報用紙2.6%増。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比1.0%減。うち、紙は3.6%減、15ヵ月連続の減少。板紙は2.2%増、3ヵ月ぶりの増加。(9/20 14:09)

【訃報】山岡景仁氏(三美印刷社長) 三美印刷株式会社(東京都荒川区)代表取締役社長の山岡景仁氏は、かねてより病気療養中のところ、9月12日に死去した。73歳。通夜、告別式は親族のみで執り行われた。山岡氏は全日本印刷工業組合連合会副会長、東京都印刷工業組合副理事長などを歴任。印刷工業企業年金基金理事長を務めていた。平成29年度東京都功労者表彰(税務功労)に続き、30年度の東京都功労者表彰(産業振興功労)を受彰し、9月12日付で表彰された。(9/20 11:00)

日本製紙/四国化工機、紙容器無菌充填システムを新開発 日本製紙と四国化工機は19日、常温保存可能な紙容器無菌充填システム「NSATOM(えぬえすアトム)」の開発を発表した。従来、紙容器では難しかった食感の高い野菜果汁飲料、スムージー、おかゆ、スープ等の固形物・長繊維・高粘度の新飲料の提供を実現。2019年度より市場に投入する。世界的な脱プラスチックの流れの中、樹脂製容器に代わる製品として国内外で拡販を目指す。(9/20 9:41)

光村印刷、新村印刷の子会社化を決議 光村印刷(阿部茂雄社長、東京都品川区、東証1部上場)は、10日に開催した取締役会において、新村印刷(新村明義社長、東京都千代田区)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。株式譲渡実行日は10月1日を予定。(9/18 9:54)



新着順20件を表示    全件表示


ハイデルベルグ、MBOグループを買収(10/14 12:18)

ハイデルベルグは12日、国際的に事業展開するMBOグループ(本社=ドイツ・オッペンヴァイラー)の買収を発表した。これにより、デジタル印刷製品に対応するポストプレス分野の提案を拡張。とりわけ、成長を続ける医薬品市場と、特定個人向けメーリングシステムのソリューション強化を図る。買収は2018年末までに完了する予定。




モリサワ「MORISAWA BIZ+」が2018年度グッドデザイン賞受賞(10/4 12:38)

モリサワのビジネス文書作成向けUDフォントソリューション「MORISAWA BIZ+(モリサワ ビズプラス)」が、2018年度グッドデザイン賞を受賞した。「MORISAWA BIZ+」は、ビジネスシーンのあらゆるドキュメントやコンテンツの作成に、ユニバーサルデザイン(UD)フォントの利用を提案する新しいサービス。今回の受賞では、企業や自治体など多くのユーザーにより品質の高い書類作成を促す画期的なサービスである点や、サービスの普及によって、日本全体の情報伝達の品質向上が期待できる点が評価された。




【訃報】林初彦氏(太洋社会長)(10/3 13:18)

元岐阜県印刷工業組合理事長で株式会社太洋社(岐阜県本巣郡)代表取締役会長の林初彦氏は、9月30日に死去した。享年81歳。通夜・告別式は10月2日・3日、岐阜市のセレモニーホール野々村で執り行われた。




モリサワ、「UDデジタル教科書体」が第12回キッズデザイン賞特別賞(9/25 13:38)

モリサワの「UDデジタル教科書体 和文・欧文・学習記号」が、特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会が主催する第12回キッズデザイン賞で特別賞(審査委員長特別賞)を受賞した。受賞したのは、デジタル教科書をはじめ、ICT教育の現場に効果的なユニバーサルデザイン(UD)書体。ICT教育において、情報の入り口であるフォントがUD化されている点や、Windows 10に標準採用されたことで広く教育現場でも使用されるなど、その効果が大きいことが評価された。




GP認定工場に新規6工場(9/25 7:36)

日本印刷産業連合会は、第51回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規6工場と更新44工場を認定した。現在活動中のGP認定工場は全390工場となった。今回の新規認定は次のとおり。太陽堂印刷所 第二工場(千葉市緑区)、エイト印刷 常盤台工場(東京都板橋区)、アド印刷 本社(福岡市博多区)、アド印刷 大刀洗工場(福岡県三井郡)、アド印刷 福岡工場(福岡市博多区)、ニッコーグラビア印刷 本社・工場(大阪府東大阪市)。




アドビ、マルケトの買収を発表(9/21 17:18)

米国のアドビは現地時間9月20日、B2B向けマーケティングのクラウドプラットフォームを手がけるマルケトを買収することで合意したと発表した。買収額は約47億5000万米ドル。アドビの「Adobe Experience Cloud」にマルケトのプラットフォームを追加することで、デジタルマーケティングソリューションを強化する。買収はアドビの2018会計年度第4四半期中(9月〜11月)に完了する見込み。




8月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比4.1%減(9/20 14:09)

日本製紙連合会の発表によると、8月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比4.1%減、15ヵ月連続の減少となった。塗工紙7.5%減、非塗工紙1.1%減、情報用紙2.6%増。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比1.0%減。うち、紙は3.6%減、15ヵ月連続の減少。板紙は2.2%増、3ヵ月ぶりの増加。




【訃報】山岡景仁氏(三美印刷社長)(9/20 11:00)

三美印刷株式会社(東京都荒川区)代表取締役社長の山岡景仁氏は、かねてより病気療養中のところ、9月12日に死去した。73歳。通夜、告別式は親族のみで執り行われた。山岡氏は全日本印刷工業組合連合会副会長、東京都印刷工業組合副理事長などを歴任。印刷工業企業年金基金理事長を務めていた。平成29年度東京都功労者表彰(税務功労)に続き、30年度の東京都功労者表彰(産業振興功労)を受彰し、9月12日付で表彰された。




日本製紙/四国化工機、紙容器無菌充填システムを新開発(9/20 9:41)

日本製紙と四国化工機は19日、常温保存可能な紙容器無菌充填システム「NSATOM(えぬえすアトム)」の開発を発表した。従来、紙容器では難しかった食感の高い野菜果汁飲料、スムージー、おかゆ、スープ等の固形物・長繊維・高粘度の新飲料の提供を実現。2019年度より市場に投入する。世界的な脱プラスチックの流れの中、樹脂製容器に代わる製品として国内外で拡販を目指す。




光村印刷、新村印刷の子会社化を決議(9/18 9:54)

光村印刷(阿部茂雄社長、東京都品川区、東証1部上場)は、10日に開催した取締役会において、新村印刷(新村明義社長、東京都千代田区)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。株式譲渡実行日は10月1日を予定。




ものづくり補助金2次公募締め切り、1週間延長(9/10 11:54)

現在公募中の平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(ものづくり補助金)の2次公募の締め切りが1週間延長される。今般の災害による影響を鑑み、当初、9月10日の締め切りだったが、18日となる。問合せ先は、全国中小企業団体中央会および各地域事務局(都道府県中小企業団体中央会)、受付時間:10:00〜12:00、13:00〜17:00(土日、祝日を除く)。




日印産連、『印刷産業のための個人情報保護の手引き』を発刊(9/7 16:45)

日本印刷産業連合会は、印刷産業と個人情報保護シリーズ『印刷産業のための個人情報保護の手引き』を発刊した。平成30年3月に公表した「印刷産業における個人情報保護ガイドライン(JIS Q 15001:2017附属書A(規定)準拠)」の解説書として、印刷事業者にとって留意すべき具体的事例や組織体制、作業手順、安全管理措置に関する具体例やサンプルを豊富に取り上げている。A4判108頁、会員・賛助会員2160円、 一般4320円(税込、送料別)。




全国カタログ展、作品を募集(9/7 16:39)

第60回 全国カタログ展(主催・日本印刷産業連合会、フジサンケイビジネスアイ)は、作品を募集している。締切は10月18日(必着)。問合せはフジサンケイビジネスアイ営業・事業本部内「第60回全国カタログ展」事務局へ。




【訃報】前福島県印工組理事長・山川章氏(9/7 16:15)

前福島県印刷工業組合理事長で、株式会社山川印刷所会長の山川章氏は、9月6日に死去した。亨年82歳。通夜は10日午後6時、葬儀は11日午後2時から福島市の「たまのや こころ斎苑 黒岩」において、山川家ならびに山川印刷所の合同葬で執り行われる。




印刷博物館、「天文学と印刷」展を10月20日から開催(9/5 11:45)

印刷博物館は、本展示場の企画展示として10月20日から来年1月20日まで「天文学と印刷 新たな世界像を求めて」を開催する。ニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラーなど、天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解く。入場料は一般800円、学生500円、中高生300円、小学生以下無料。




2017年度通販売上高、前年度比8.8%増(8/28 15:09)

日本通信販売協会がまとめた2017年度(2017年4月-2018年3月)の通信販売売上高調査(速報)によると、前年度比8.8%増の7兆5500億円、金額ベースでは6100億円の増加となった。直近10年の平均成長率は6.9%となっている。




7月豪雨の被災地域販路開拓支援事業の公募開始(8/23 18:19)

平成30年度予備費予算「被災地域販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」の公募が開始された。平成30年7月豪雨の被害を受けた小規模事業者が事業再建に取り組むにあたり、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助する。補助対象経費の3分の2以内。補助上限額は200万円(岡山県・広島県・愛媛県に所在する事業者)、100万円(岐阜県・京都府・兵庫県・鳥取県・島根県・山口県・高知県・福岡県に所在する小規模事業者)。1次受付締切は9月7日、2次受付締切は10月5日。




7月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比4.9%減(8/21 15:00)

日本製紙連合会によると、7月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比4.9%減、14ヵ月連続の減少となった。塗工紙7.8%減、非塗工紙3.2%減、情報用紙1.8%増。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比2.3%減。うち、紙は3.9%減、14ヵ月連続の減少。板紙は0.4%減、2ヵ月連続の減少。




東京ビジネスデザインアワード、テーマ9件を発表(8/16 14:55)

東京都が主催する2018年度「東京ビジネスデザインアワード」のテーマ9件が発表された。都内の中小企業から募集していたもので、印刷関連技術を利用したものとして、技光堂(板橋区)の「透明樹脂素材を立体的かつ本物の金属に見せる『立体視・金属調印刷』」が選ばれた。同技術は、2017年度板橋製品技術大賞において優秀賞を受賞している。テーマ9件に対し、デザイナーから10月25日までデザイン提案を募集する。




環境優良工場表彰、経済産業大臣賞に池田印刷とトッパン・フォームズ関西(8/10 8:40)

日本印刷産業連合会が主催する「第17回印刷産業環境優良工場表彰」の受賞工場が9日に公表された。経済産業大臣賞は、池田印刷 京浜島工場(東京都大田区)とトッパン・フォームズ関西 大阪桜井工場(大阪府三島郡)。今回、初めて大臣賞を2工場が受賞した。経済産業省商務情報政策局長賞はアインズ 本社工場(滋賀県蒲生郡)。他に日印産連会長賞5工場、日印産連奨励賞8工場が受賞。表彰式は、9月12日にホテルニューオータニ東京で開催される「2018年9月 印刷の月」記念式典で行われる。



富士フイルムグラフィックシステムズ
印刷の事なら激安通販のプリントネット
裁断・断裁機メーカー 勝田製作所
ともにプロジェクト
いしのまき被災企業元気復興委員会
製本加工の見本帳プロキット

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

<支社>
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館
電話 06(6353)4866 
FAX 06(6353)4944


代表取締役社長 沼尾佳憲

常務取締役 祝迫多水治

取締役 難波利行

取締役 金澤克明

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.