印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
FFGS、日本印刷学会 平成29年度表彰で技術賞・研究発表奨励賞・論文賞を受賞 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、日本印刷学会の平成29年度表彰において、「新聞用完全無処理CTP(SUPERIA ZN)の開発」で「技術賞」を、「UVインキ対応高耐刷無処理サーマルCTPプレートの開発」で「研究発表奨励賞」を、「レーザー彫刻型フレキソ製版システムに関する印刷品質の制御」で「論文賞」を、それぞれ受賞した。2月24日には、東京・中央区の日本印刷会館で開催された日本印刷学会通常総会において表彰式が行われ、受賞者に賞状と盾が授与された。(3/27 14:10)

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」決まる 経済産業省は23日、生産性向上、需要獲得、担い手確保の各分野で優れた取組みを行う事業者を「はばたく中小企業・小規模事業者300社」として選定した。印刷加工会社では、今野印刷(仙台市)、タカラ印刷(福島市)、横浜リテラ(横浜市)、佐川印刷(松山市)が選ばれた。(3/24 12:47)

「新・ダイバーシティ経営企業100選」に31社 経済産業省は23日、多様な人材の能力を活かして成果を上げている企業31社を、平成28年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定した。「製造業」で富士ゼロックス、「情報通信業」で佐川印刷(愛媛県)などが受賞した。(3/24 12:36)

2月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比0.3%減 日本製紙連合会によると、2月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比0.3%減、2ヵ月連続の減少となった。塗工紙は1.4%増だったが、非塗工紙2.5%減、情報用紙2.6%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比0.5%減、4ヵ月ぶりの減少。うち紙は1.5%減、3ヵ月連続の減少。板紙は0.7%増、4ヵ月連続の増加。(3/21 14:38)

平成28年度補正ものづくり補助金、6157件決まる 平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の補助事業者が決まった。平成28年11月14日から平成29年1月17日まで公募していたもので、申請のあった1万5547件について審査を行った結果、6157件が採択された。(3/19 15:18)

東京製本工組、「製本産直市場」オープン 東京都製本工業組合は、ECショップ「製本産直市場」をポータルサイト「製本のひきだし」内に開設し、運営を始めた。組合員の持つ製本加工技術を使ったオリジナル商品の販売を組合が代行する。第1弾としてウキマ、菁文堂、田中紙工、博勝堂、和光堂の5社、および東京製本工組(『製本用語事典』)が出品している。(3/14 14:39)

小松写真印刷、水性フレキソ印刷事業に本格参入へ 小松写真印刷(佐藤茂枝社長、山形県酒田市)は、軟包装をはじめとする水性フレキソ印刷事業に本格参入する。富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FFGS)の支援の下、3日1日にW&H社製CI型フレキソ印刷機「MIRAFLEX CM」の酒田港への陸揚げを終え、5月から稼働を開始する予定。7日に同本社で開いた記者会見で、佐藤社長は「全社員をあげ、どこにも負けない気概で臨む」と意気込みを語った。佐藤泉常務取締役営業統括部長は「水性フレキソは当社の次世代につなぐための事業」と位置づけ、東北5ヵ所の営業拠点などを活かし、事業開始2年以内に黒字化を目指す考えを明らかにした。(3/7 20:15)

王子製紙、用紙値上げを発表 王子製紙は6日、4月1日出荷分からの印刷・情報用紙の値上げを発表した。現行価格からの値上げ幅は、印刷用紙が15円/kg以上、情報用紙が10%以上。これで、業界6位までの主要製紙メーカーすべてが値上げ実施に踏み切った。(3/7 17:15)

第51回造本装幀コンクール、作品募集を開始 第51回造本装幀コンクール(主催・日本印刷産業連合会、日本書籍出版協会)は、3月6日から作品募集を開始した。締切は5月12日。同コンクールは、製本・印刷・装幀などの技術の向上と育成、読書推進を目的に、出版社、印刷会社、製本会社、装幀者を対象に、文学・文芸、芸術書、専門書など6部門で募集。入賞作品はライプツィヒで開催される「世界で最も美しい本コンクール」に日本代表として出品される。事務局は出版文化産業振興財団内(3/6 9:42)

HOPE2017(9月1・2日、札幌市)の開催概要決まる HOPE実行委員会(北海道印刷関連5団体で構成)が主催するHOPE(HOKKAIDO PRINT EXPO)2017が、9月1日(金)・2日(土)に札幌市のアクセスサッポロで開催される。時間は両日とも午前10時から午後5時。展示会(77小間)、および基調講演、パネルディスカッション、セミナー(12講座)から成る。基調講演(1日 午前10〜12時)は全印工連の作道孝行副会長が「見える化ならびに人事評価制度」(仮題)で講演する。パネルディスカッション(2日 午前10〜12時)は「全印工連2025計画〜新しい印刷産業へのリ・デザイン」がテーマ。産業戦略デザイン室の江森克治副委員長をファシリテーターに、全印工連の各委員長など5氏がパネリストとして登壇する。(3/6 9:25)



新着順20件を表示    全件表示


FFGS、日本印刷学会 平成29年度表彰で技術賞・研究発表奨励賞・論文賞を受賞(3/27 14:10)

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、日本印刷学会の平成29年度表彰において、「新聞用完全無処理CTP(SUPERIA ZN)の開発」で「技術賞」を、「UVインキ対応高耐刷無処理サーマルCTPプレートの開発」で「研究発表奨励賞」を、「レーザー彫刻型フレキソ製版システムに関する印刷品質の制御」で「論文賞」を、それぞれ受賞した。2月24日には、東京・中央区の日本印刷会館で開催された日本印刷学会通常総会において表彰式が行われ、受賞者に賞状と盾が授与された。




「はばたく中小企業・小規模事業者300社」決まる(3/24 12:47)

経済産業省は23日、生産性向上、需要獲得、担い手確保の各分野で優れた取組みを行う事業者を「はばたく中小企業・小規模事業者300社」として選定した。印刷加工会社では、今野印刷(仙台市)、タカラ印刷(福島市)、横浜リテラ(横浜市)、佐川印刷(松山市)が選ばれた。




「新・ダイバーシティ経営企業100選」に31社(3/24 12:36)

経済産業省は23日、多様な人材の能力を活かして成果を上げている企業31社を、平成28年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定した。「製造業」で富士ゼロックス、「情報通信業」で佐川印刷(愛媛県)などが受賞した。




2月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比0.3%減(3/21 14:38)

日本製紙連合会によると、2月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比0.3%減、2ヵ月連続の減少となった。塗工紙は1.4%増だったが、非塗工紙2.5%減、情報用紙2.6%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比0.5%減、4ヵ月ぶりの減少。うち紙は1.5%減、3ヵ月連続の減少。板紙は0.7%増、4ヵ月連続の増加。




平成28年度補正ものづくり補助金、6157件決まる(3/19 15:18)

平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の補助事業者が決まった。平成28年11月14日から平成29年1月17日まで公募していたもので、申請のあった1万5547件について審査を行った結果、6157件が採択された。




東京製本工組、「製本産直市場」オープン(3/14 14:39)

東京都製本工業組合は、ECショップ「製本産直市場」をポータルサイト「製本のひきだし」内に開設し、運営を始めた。組合員の持つ製本加工技術を使ったオリジナル商品の販売を組合が代行する。第1弾としてウキマ、菁文堂、田中紙工、博勝堂、和光堂の5社、および東京製本工組(『製本用語事典』)が出品している。




小松写真印刷、水性フレキソ印刷事業に本格参入へ(3/7 20:15)

小松写真印刷(佐藤茂枝社長、山形県酒田市)は、軟包装をはじめとする水性フレキソ印刷事業に本格参入する。富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FFGS)の支援の下、3日1日にW&H社製CI型フレキソ印刷機「MIRAFLEX CM」の酒田港への陸揚げを終え、5月から稼働を開始する予定。7日に同本社で開いた記者会見で、佐藤社長は「全社員をあげ、どこにも負けない気概で臨む」と意気込みを語った。佐藤泉常務取締役営業統括部長は「水性フレキソは当社の次世代につなぐための事業」と位置づけ、東北5ヵ所の営業拠点などを活かし、事業開始2年以内に黒字化を目指す考えを明らかにした。




王子製紙、用紙値上げを発表(3/7 17:15)

王子製紙は6日、4月1日出荷分からの印刷・情報用紙の値上げを発表した。現行価格からの値上げ幅は、印刷用紙が15円/kg以上、情報用紙が10%以上。これで、業界6位までの主要製紙メーカーすべてが値上げ実施に踏み切った。




第51回造本装幀コンクール、作品募集を開始(3/6 9:42)

第51回造本装幀コンクール(主催・日本印刷産業連合会、日本書籍出版協会)は、3月6日から作品募集を開始した。締切は5月12日。同コンクールは、製本・印刷・装幀などの技術の向上と育成、読書推進を目的に、出版社、印刷会社、製本会社、装幀者を対象に、文学・文芸、芸術書、専門書など6部門で募集。入賞作品はライプツィヒで開催される「世界で最も美しい本コンクール」に日本代表として出品される。事務局は出版文化産業振興財団内




HOPE2017(9月1・2日、札幌市)の開催概要決まる(3/6 9:25)

HOPE実行委員会(北海道印刷関連5団体で構成)が主催するHOPE(HOKKAIDO PRINT EXPO)2017が、9月1日(金)・2日(土)に札幌市のアクセスサッポロで開催される。時間は両日とも午前10時から午後5時。展示会(77小間)、および基調講演、パネルディスカッション、セミナー(12講座)から成る。基調講演(1日 午前10〜12時)は全印工連の作道孝行副会長が「見える化ならびに人事評価制度」(仮題)で講演する。パネルディスカッション(2日 午前10〜12時)は「全印工連2025計画〜新しい印刷産業へのリ・デザイン」がテーマ。産業戦略デザイン室の江森克治副委員長をファシリテーターに、全印工連の各委員長など5氏がパネリストとして登壇する。




フォーム工連、セミナー「広く世界を見てみよう!」開催へ(3/3 20:40)

日本フォーム印刷工業連合会は3月28日、日本印刷会館で国際委員会・市場調査委員会の共催セミナー「広く世界を見てみよう!」を開催する。セミナーでは12回目の開催となったHunkeler innovationdays2017と、デジタルプリントを行っているイタリアの2社の視察報告が行われるほか、米国DMA、スマートCRMについての講演が行われる予定。海外情報やさまざまなメディア情報を知り、今後のビジネスの参考とする絶好の機会となっている。




東京グラフィックス、ビジコン2016都知事賞に「成長するゴミの分別お助けアプリ」(3/1 15:35)

東京グラフィックサービス工業会(菅野潔会長)主催の「ビジネスアイデアコンテスト2016」で、東京都知事賞(最優秀賞)に「このゴミ、いつ捨てられるの? 成長するゴミの分別お助けアプリ」(東京プリント・大塚ヒロ子氏)が輝いた。住民と市町村を双方でつなぎ、分かりづらいゴミの分別方法が検索できるアプリ。そのほか、東京都産業労働局長賞(第2位)は、「くつまる」(イナミツ印刷・稲満信祐氏)、東京グラフィックス会長賞(第3位)は、「本当にその山登り大丈夫ですか?楽しく登ろう『登山シミュレーション』アプリ」(倉敷印刷・和賀山新太郎氏)。




大王製紙、三浦印刷にTOB実施 (3/1 14:20)

大王製紙は2月27日、三浦印刷(本社・東京都墨田区、東証2部上場)の普通株式および新株予約券を公開買付け(TOB)により取得すると発表した。印刷事業の規模を拡大し、基盤事業である洋紙事業を強化する考え。同社には連結子会社に印刷事業を行うダイオープリンティングがあるが、三浦印刷と同社グループの印刷事業を合わせた年間売上高は約300億円となる。買付け代金は83億6400万円を予定。買付け期間は2月28日から4月11日まで。




北越紀州製紙と中越パルプ、用紙値上げを発表(3/1 8:53)

北越紀州製紙と中越パルプ工業は2月27日、4月1日出荷分からの印刷・情報用紙の値上げを発表した。現行価格からの値上げ幅は、北越紀州製紙が印刷用紙で15円/kg以上、情報用紙で10%以上。中越パルプ工業が印刷用紙、情報用紙ともに15円/kg以上。




ジャグラ、法改正対応の個人情報保護ガイドブックを発刊(2/28 16:22)

一般社団法人日本グラフィックサービス工業会は、5月30日に全面施行される改正個人情報保護法に先立ち、『印刷業界の個人情報保護ガイドブック(法改正対応)第5版』を発刊した。A4判、98頁、本文2色、1700円(税込)。法改正の要点を解説しながら、安全管理処置において印刷関連企業が注意すべき項目を記している。




三菱製紙、用紙値上げを発表(2/27 10:13)

三菱製紙は2月24日、4月1日出荷分からの印刷・情報用紙の値上げを発表した。現行価格からの値上げ幅は、印刷用紙が15円/kg以上、情報用紙が10%以上。




リョービMHIグラフィックテクノロジー、新社長に広川勝士氏(2/24 17:45)

リョービMHIグラフィックテクノロジーは、6月14日付で広川勝士取締役開発本部長が代表取締役社長に就任することを発表した。一政譲社長は退任する。




2016年の日本の総広告費は前年比101.9%、5年連続で前年を上回る(2/23 16:22)

電通は「2016年(平成28年)日本の広告費」を23日に発表した。2016年(1〜12月)の総広告費は6兆2880億円、前年比101.9%となり、5年連続で前年実績を上回った。「マスコミ四媒体広告費」は2兆8596億円、前年比99.6%。「インターネット広告費(媒体費+広告制作費)」は1兆3100億円、同113.0%。うち「インターネット広告媒体費」は1兆378億円、同112.9%と初めて1兆円を超えた。




日本製紙と大王製紙、用紙値上げを発表(2/23 13:10)

日本製紙と大王製紙は21日、それぞれ印刷・情報用紙の価格を4月1日出荷分より改定することを発表した。現行価格からの値上げ幅は両社ともに、印刷用紙が15円/kg以上、情報用紙が10%以上。原燃料価格の上昇などを理由に挙げている。




1月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比0.3%減(2/20 17:50)

日本製紙連合会によると、1月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比0.3%減、3ヵ月ぶりの減少となった。塗工紙は横ばい、非塗工紙0.8%増、情報用紙2.4%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比0.7%増、3ヵ月連続の増加。うち紙は0.5%減、板紙は2.5%増。



富士フイルムグラフィックシステムズ
印刷の事なら激安通販のプリントネット
裁断・断裁機メーカー 勝田製作所
ともにプロジェクト
いしのまき被災企業元気復興委員会
製本加工の見本帳プロキット

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

<支社>
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館
電話 06(6353)4866 
FAX 06(6353)4944


代表取締役社長 沼尾佳憲

常務取締役 祝迫多水治

取締役 難波利行

取締役 金澤克明

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.