印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
7月の印刷・情報用紙出荷量、前年同月比1.1%増 日本製紙連合会によると、7月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.1%増、7ヵ月ぶりの増加。ただ、塗工紙は0.4%減、非塗工紙が1.2%増、情報用紙5.0%増だった。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比1.2%増。うち、紙は0.9%増、26ヵ月ぶりの増加。板紙は1.5%増、3ヵ月ぶりの増加。(8/21 15:17)

東京ビジネスデザインアワード、テーマ9件を発表 東京都が主催する2019年度「東京ビジネスデザインアワード」のテーマ9件が発表された。都内の中小企業から募集していたもので、印刷関連技術を利用したものとして、研恒社(千代田区)の「あらゆる仕様をユーザーが自由に選べる『ノート設計システム』」が選ばれた。テーマ9件に対し、デザイナーから10月27日までデザイン提案を募集する。(8/20 14:23)

平成30年度補正予算「ものづくり補助金」の二次公募開始 平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の二次公募が8月19日から開始された。中小企業・小規模事業者等が取り組む生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援する。公募期間は9月20日まで。電子申請のみでの受付け。問合わせは全国中小企業団体中央会および各地域事務局へ。 (8/20 12:10)

環境優良工場表彰、研文社尼崎工場が経済産業省商務情報政策局長賞 日本印刷産業連合会は、第18回印刷産業環境優良工場表彰の受賞工場を発表した。経済産業大臣賞は該当がなく、経済産業省商務情報政策局長賞は株式会社研文社尼崎工場が受賞した。同工場は昨年の日印産連会長賞に続いての受賞。そのほか、日印産連会長賞を光写真印刷、足利印刷、オザワ、篠原紙工、日印産連特別賞をオオゼキ写真印刷、日印産連奨励賞を7工場が受賞した。(8/9 12:31)

UCDA、印刷会社向けにサマースクール開講 一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)は、印刷、デザイン、システム会社など制作者向けにサマースクールを開講する。企業の課題である「情報の伝達品質向上」に役立つ情報を提供する。参加費は3000円(税込、UCDA窓口・賛助会員は無料)。・「UCDA認証を知る〜事例、手順、メリット、新ソリューション『映像認証』について」8月22日(木)16時〜17時30分・「みんなの文字・みんなのピクト 新商品説明会」8月27日(火)10時30分〜12時 ・参加はホームページ(https://ucda.jp/)から。(8/8 16:11)

帆風、バンフーデザインコンテストの結果発表  帆風(犬養新嗣社長、本社・東京都新宿区)は、3月4日から5月30日の期間で作品を募集したバンフーデザインコンテストにおいて、「学生Tシャツ部門」25作品、「年賀状部門」69作品、「トートバッグ部門」21作品の受賞作品を決定した。「学生Tシャツ部門」の受賞作品と「トートバッグ部門」の一部受賞作品は、8月1日から販売を開始している。(8/7 11:45)

高度連携促進補助金、96件238者を採択 中小企業庁は、平成31年度当初予算「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」について96件238者を採択し、6日に公表した。4月23日から6月24日まで公募を行い、応募のあった139件344者について審査したもの。(8/6 12:00)

モリサワ×銀座 蔦屋書店、9月4日から書体の展示イベント モリサワ(森澤彰彦社長)は、9月4日から8日まで銀座 蔦屋書店で、書体の展示イベント「モリサワ×銀座 蔦屋書店 Type Design Discovery(タイプデザイン・ディスカバリー)」を開く。世界中からオリジナルタイプフェイスを募集し、800点を超える作品が寄せられた「タイプデザインコンペティション2019」の入賞作品を展示するほか、本コンペティションの30年に及ぶ歩みと書体制作の裏側を紹介する。開催時間は10時〜22時。入場自由。(8/5 17:25)

JAGAT、「page2020」の出展社募集を開始 公益社団法人日本印刷技術協会(塚田司郎会長、JAGAT)は、2020年2月5日(水)から7日(金)までの3日間、東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開催する「page2020」の出展社募集を8月1日から開始した。募集期間は10月11日まで。page展は、「カンファレンス」「セミナー」「展示会」で構成される印刷メディアビジネスの総合イベント。JAGATでは、「新規出展社&印刷パートナーゾーン 出展相談会」を8月7日から10月9日までの間、計5回開催する。 (8/1 9:34)

モリサワ、9月3日に東京でタイプデザインコンペティション2019表彰式と特別講演会 モリサワは9月3日、東京・千代田区の神田明神ホールで「タイプデザインコンペティション2019」の表彰式と、タイプデザインディレクターの小塚昌彦氏による特別講演を行う。今年のコンペティションには世界53の国と地域から、前回を上回る813点の作品が寄せられた。モリサワ賞をはじめ全4部門計16の入賞作品が表彰される。特別講演では、モリサワの「新ゴ」をはじめ数々の著名な書体に関わってきた小塚氏が「たて組か、ヨコ組か-日本語組版の残された 宿題・ひらがな」をテーマに、タイポグラフィの歩みを振り返りつつ、現在の日本語組版の課題について講演する。(7/31 13:07)



新着順20件を表示    全件表示


7月の印刷・情報用紙出荷量、前年同月比1.1%増(8/21 15:17)

日本製紙連合会によると、7月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.1%増、7ヵ月ぶりの増加。ただ、塗工紙は0.4%減、非塗工紙が1.2%増、情報用紙5.0%増だった。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比1.2%増。うち、紙は0.9%増、26ヵ月ぶりの増加。板紙は1.5%増、3ヵ月ぶりの増加。




東京ビジネスデザインアワード、テーマ9件を発表(8/20 14:23)

東京都が主催する2019年度「東京ビジネスデザインアワード」のテーマ9件が発表された。都内の中小企業から募集していたもので、印刷関連技術を利用したものとして、研恒社(千代田区)の「あらゆる仕様をユーザーが自由に選べる『ノート設計システム』」が選ばれた。テーマ9件に対し、デザイナーから10月27日までデザイン提案を募集する。




平成30年度補正予算「ものづくり補助金」の二次公募開始(8/20 12:10)

平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の二次公募が8月19日から開始された。中小企業・小規模事業者等が取り組む生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援する。公募期間は9月20日まで。電子申請のみでの受付け。問合わせは全国中小企業団体中央会および各地域事務局へ。




環境優良工場表彰、研文社尼崎工場が経済産業省商務情報政策局長賞(8/9 12:31)

日本印刷産業連合会は、第18回印刷産業環境優良工場表彰の受賞工場を発表した。経済産業大臣賞は該当がなく、経済産業省商務情報政策局長賞は株式会社研文社尼崎工場が受賞した。同工場は昨年の日印産連会長賞に続いての受賞。そのほか、日印産連会長賞を光写真印刷、足利印刷、オザワ、篠原紙工、日印産連特別賞をオオゼキ写真印刷、日印産連奨励賞を7工場が受賞した。




UCDA、印刷会社向けにサマースクール開講(8/8 16:11)

一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)は、印刷、デザイン、システム会社など制作者向けにサマースクールを開講する。企業の課題である「情報の伝達品質向上」に役立つ情報を提供する。参加費は3000円(税込、UCDA窓口・賛助会員は無料)。・「UCDA認証を知る〜事例、手順、メリット、新ソリューション『映像認証』について」8月22日(木)16時〜17時30分・「みんなの文字・みんなのピクト 新商品説明会」8月27日(火)10時30分〜12時 ・参加はホームページ(https://ucda.jp/)から。




帆風、バンフーデザインコンテストの結果発表 (8/7 11:45)

帆風(犬養新嗣社長、本社・東京都新宿区)は、3月4日から5月30日の期間で作品を募集したバンフーデザインコンテストにおいて、「学生Tシャツ部門」25作品、「年賀状部門」69作品、「トートバッグ部門」21作品の受賞作品を決定した。「学生Tシャツ部門」の受賞作品と「トートバッグ部門」の一部受賞作品は、8月1日から販売を開始している。




高度連携促進補助金、96件238者を採択(8/6 12:00)

中小企業庁は、平成31年度当初予算「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」について96件238者を採択し、6日に公表した。4月23日から6月24日まで公募を行い、応募のあった139件344者について審査したもの。




モリサワ×銀座 蔦屋書店、9月4日から書体の展示イベント(8/5 17:25)

モリサワ(森澤彰彦社長)は、9月4日から8日まで銀座 蔦屋書店で、書体の展示イベント「モリサワ×銀座 蔦屋書店 Type Design Discovery(タイプデザイン・ディスカバリー)」を開く。世界中からオリジナルタイプフェイスを募集し、800点を超える作品が寄せられた「タイプデザインコンペティション2019」の入賞作品を展示するほか、本コンペティションの30年に及ぶ歩みと書体制作の裏側を紹介する。開催時間は10時〜22時。入場自由。




JAGAT、「page2020」の出展社募集を開始(8/1 9:34)

公益社団法人日本印刷技術協会(塚田司郎会長、JAGAT)は、2020年2月5日(水)から7日(金)までの3日間、東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開催する「page2020」の出展社募集を8月1日から開始した。募集期間は10月11日まで。page展は、「カンファレンス」「セミナー」「展示会」で構成される印刷メディアビジネスの総合イベント。JAGATでは、「新規出展社&印刷パートナーゾーン 出展相談会」を8月7日から10月9日までの間、計5回開催する。




モリサワ、9月3日に東京でタイプデザインコンペティション2019表彰式と特別講演会(7/31 13:07)

モリサワは9月3日、東京・千代田区の神田明神ホールで「タイプデザインコンペティション2019」の表彰式と、タイプデザインディレクターの小塚昌彦氏による特別講演を行う。今年のコンペティションには世界53の国と地域から、前回を上回る813点の作品が寄せられた。モリサワ賞をはじめ全4部門計16の入賞作品が表彰される。特別講演では、モリサワの「新ゴ」をはじめ数々の著名な書体に関わってきた小塚氏が「たて組か、ヨコ組か-日本語組版の残された 宿題・ひらがな」をテーマに、タイポグラフィの歩みを振り返りつつ、現在の日本語組版の課題について講演する。




6月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比5.2%減(7/22 14:58)

日本製紙連合会によると、6月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比5.2%減、6ヵ月連続の減少となった。塗工紙7.1%減、非塗工紙2.5%減、情報用紙3.5%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比5.4%減。うち、紙は5.8%減、25ヵ月連続の減少。板紙は5.0%減、2ヵ月連続の減少。




UCDAと電通ダイバーシティー・ラボ、 アレルギー表示の「みんなのピクト」開発(7/22 14:36)

一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)は、食品におけるわかりやすいアレルゲン表示を実現するため、電通ダイバーシティー・ラボと共同で、ユニバーサルデザインピクトグラム「みんなのピクト」を開発した。アレルギーの原因となる特定原材料等27品目、アルコールなど合計29種類。8月末から発売予定。 日本国内では、食品衛生法(現食品表示法)によりアレルゲン表示が義務付けられた。「みんなのピクト」は小さく表示しても見やすく、わかりやすいことが特長。カラーユニバーサルデザインや高齢者の見え方にも配慮しており、UCDAが 「わかりやすさ」を認証したピクトグラムとなっている。




【訃報】セイブンドー矢川邦夫相談役(7/19 12:36)

株式会社セイブンドー相談役(川崎市)で、元神奈川県印刷工業組合理事長の矢川邦夫氏は、7月4日に病気のため死去した。享年81歳。通夜および密葬は7月12日に近親者のみで執り行われた。「お別れの会」が8月21日11時〜14時に横浜市のヨコハマインターコンチネンタルホテルで開かれる。




全印工連CSR認定、新規にワンスター2社、ツースター1社(7/19 12:18)

全日本印刷工業組合連合会の「全印工連CSR認定」において、新規にワンスター2社、ツースター1社が認定された。ワンスター認定はマージネット(和歌山)と冨士印刷(東京)、ツースター認定はユーメディア(宮城)。




宝印刷、12月に会社分割による持株会社体制へ (7/10 12:46)

宝印刷株式会社(堆誠一郎社長、東証第一部)は7月9日、2019年12月1日で会社分割による持株会社体制へ移行し、商号を「株式会社TAKARA & COMPANY」に変更すると発表した。新設する「宝印刷株式会社」を承継会社とする新設分割を行う。持株会社への移行で、グループの一体化と戦略機能の強化や新規事業創出機能の強化などを図る。




モリサワ、タイプデザインコンペティション2019結果発表(7/1 17:25)

モリサワ(森澤彰彦社長)は、「タイプデザインコンペティション2019」の審査結果を発表した。各界を代表する多彩な審査員とともに、新たな表現力とチャレンジ精神にあふれたタイプフェイスデザインの追求を目指して開かれているもので、世界53の国や地域から、初回の2012年度以来最高となる813点(和文部門258点、欧文部門555点)の作品が寄せられた。和文部門、欧文部門とも、独創性や審美性を追究した作品に贈られる「モリサワ賞」として、金賞、銀賞、銅賞各1点ずつと佳作各3点の入賞作品が選出された。表彰式は9月3日に神田明神ホール(東京)で開く。入賞作品と審査員の講評をまとめた作品集は2019年秋の刊行予定。




ものづくり補助金、採択率は50.0%(7/1 14:38)

中小企業庁は6月28日、平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の補助事業者を採択した。2月18日から5月8日まで公募し、応募のあった1万4927者について審査、7468者を採択した(早期採択分332者を含む)。採択率は50.0%。




凸版印刷、新社長に麿秀晴氏が就任(7/1 14:33)

凸版印刷株式会社は、6月27日に開催した定時株主総会で、取締役16名を選任した。総会終了後の取締役会において役職の異動を決議し、代表取締役副社長執行役員の麿秀晴氏が代表取締役社長に就任した。前代表取締役社長の金子眞吾氏は代表取締役会長に就いた。




モリサワ、2019年度 新書体を発表(6/25 12:07)

モリサワは6月25日、2019年秋にリリースする新書体を発表した。本年度は、見出し利用で効果を発揮する和文書体に加え、令和合字やカーニング情報を追加し、欧文をリニューアルしたAP版書体や多言語の明朝体ファミリーを追加する。躍動感ある筆遣いの「剣閃 (けんせん)」をはじめ、やさしい印象を与える手書き系書体「小琴 京かな(こきん きょうかな)」「小琴 遊かな(こきん ゆうかな)」、活版印刷のインクのにじみを再現した「秀英にじみ角ゴシック金」「秀英にじみ角ゴシック銀」など10 フォント。




5月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比1.3%減(6/20 15:07)

日本製紙連合会によると、5月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.3%減、5ヵ月連続の減少となった。塗工紙1.2%減、非塗工紙1.8%減、情報用紙1.0%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比3.3%減。うち、紙は2.8%減、24ヵ月連続の減少。板紙は3.9%減、前月の増加から減少。主要品種は衛生用紙を除き減少した。



富士フイルムグラフィックシステムズ
印刷の事なら激安通販のプリントネット
裁断・断裁機メーカー 勝田製作所
ともにプロジェクト
いしのまき被災企業元気復興委員会
製本加工の見本帳プロキット

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

<支社>
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館
電話 06(6353)4866 
FAX 06(6353)4944


代表取締役社長 沼尾佳憲

常務取締役 祝迫多水治

取締役 難波利行

取締役 金澤克明

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.