印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所





コラム「点睛」 印刷新報・2024年2月15日付

 日本の贈答品文化が曲がり角にある。矢野経済研究所の調査によると、コロナ禍を経て、むしろギフト市場全体は伸びているが、中元・歳暮など仕来りの色が濃いものは漸減傾向にある。個人の縁戚関係が希薄化したように、多くの企業が取引先への贈り物に本当に意味があるのか、一斉に見直しを行っている▼年賀状もそうだが、中元・歳暮の類を中止しても取引への影響はほぼなかったという企業は多い。もらっておいて返さないのは失礼という心情が根強い一方で、相手が止めてくれて助かったという本音も贈られる側にある▼贈答とは違うが、寄付金に対して事務局が返礼品を送って寄こすことへの怒りもよく耳にする。そんなカネがあるなら本来の目的に役立ててほしいという気持ちはごもっとも。個人的には、マラソン大会で必ずくれる記念品は要らない(家にあふれるシャツの数々…)。その分、参加費を安くできないのか▼名入れカレンダーや手帳の需要の廃れはデジタル化の影響が大。印刷会社には逆風が吹く。形式や慣習に縛られず、今の時代に喜ばれる新しい贈物の仕掛けに知恵を絞りたい。(銀河)





印刷用語集
富士フイルムグラフィックソリューションズ
印刷、製本、人材派遣
水なし、環境、印刷

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.